会社員の悩み

【悩み】パワハラ上司がいてツラい...【結論】会社にしがみつく自分が悪い

pawahara-morahara-bad-top

私が在籍している会社には、パワハラ・モラハラ上司がいます。

「あの上司、早く辞めてくれないかなぁ...」

といつも思っていました。

 

しかし、ある時ふと気が付いてしまった。

「悪い上司がいる会社に、しがみつく自分が悪いのでは...」

第一志望の会社だったのに、会社のことが嫌いになった

pawahara-morahara-bad-a

新卒のとき、第一志望の会社に拾ってもらいました。

 

しかし、10年弱働いているうちに、その会社のことが嫌いになってしまった。

  • 若手が続々と辞めていく
  • 人手不足による無理な異動
  • パワハラ・モラハラ上司が多数
  • パワハラ・モラハラ上司が偉そうにできる会社

これらのことにより、疲れてしまいました...

 

今後、ストレスを我慢しながら、ずっとこの会社で働いていくべきなのか。

もっと良い道はあるはずだが、どうやって見つければいいのか。現実的に可能なのか。

というようなことを、ずっと考えていました。

 

パワハラ・モラハラ上司から離れない理由

pawahara-morahara-bad-b

なぜ、嫌な上司がいる会社を、自分は辞めないのか。

なぜ、多大なストレスを受けているのに、働く場所を変えないのか。

 

きっとそれは、自分に実力や努力が足りていないから。

そう、思ったのです。

 

  • 能力があれば、すぐにでも、もっと良い会社や職場で働けるはず。
  • 努力ができれば、他の会社でも必要とされるスキルを、身に着けることができるはず。

 

現状を変えられないのは、ほとんどの場合、自分に責任があるのです。

それに気が付いたとき、意外にも清々しい気持ちでした。

 

だって、分かったら行動すればいいだけですから。

行動することができないなら、パワハラ上司からのストレスも、結局は大したことはなかったということ。

そんな上司がいる、レベルの低い会社にしがみつけばいいだけの話。

そう、思えたのです。

 

いつでも退職できるように副業を始めた

pawahara-morahara-bad-c

会社を辞めるとき、一番大事なことは、「収入源の確保」だと私は思います。

逆に言うと、お金さえあれば、いつ会社を辞めていいと思いますが、みなさんはどう思いますか。

 

  • 収入源も無いのに、会社を辞めることは、かなり危険です。
  • 結果的に「あの時、思い切って会社を辞めて良かった」と思う人もいると思いますが、おすすめできません。

 

ましてや、家庭があるなら、収入源が無く、次の会社も決まっていない状況で、会社を辞めることが危険なことは想像しやすいはず。

 

私の場合、パワハラ・モラハラ上司が同じ空間にいるだけで、かなりストレスでした。

しかし、まだ我慢できたため、すぐに辞めないと病気になってしまう。という状況ではありませんでした。

 

数年後に辞めれるように、今から何ができるかを考えたときに「副業をしよう!」とすぐに思い浮かびました。

ちょうど同じ時期に、会社にバレないで副業ができることも知ったのです。

 

「もっと早くググって、会社にバレない方法を知っていれば、もっと早く副業していたのに....!」とも思いました。

でも、まだ20代でしたので「いや、今からでも遅くない。むしろ50代でも遅くない気がする」と瞬時に切り替えることができたことを覚えています。

 

ブログという副業に心ひかれた

pawahara-morahara-bad-d

「なぜ、人はブログを書くのだろう?」

約10年前、大学生だった私は、そう思っていました。

 

自分が書いた文章を、ネットの海に放出することによって、お金がもらえるなんて...!

そんなことを知ったのは、副業を意識してからです。

 

「なぜもっと早く、ネットで情報収集しなかったのか」

「大学生の時に知っていたら、がっつり4年間、ブログに挑戦したかった...」

 

そんなこんなで、ブログで収入源をつくることを目標にして、現在進行形で活動しています。

ブログだけでなく、YouTubeなどで動画配信することによって、広告収入を得ることにもチャレンジしています。

 

ブログもYouTubeもノーリスクです。

「結果的にお金を稼げなかった...時間を無駄にした...」

となることはあるかもしれませんが、在庫を抱えて借金だけが増えた...みたいなことにはなりません。

 

副業ブログの悲しい現実

pawahara-morahara-bad-e

副業でブログに挑戦することをおススメしていますが、ぶっちゃけ割に合わなくて辞める人がほとんどです。

10時間近く書いた記事が、結果的に100円の収入にもならないことは多々あります。正直言うと、書くことが好きでないと無理。

 

それだけブログは難しく、片手間でやっても収入源にはならないでしょう。

しかし、誰もが簡単に稼げたら、飽和状態になってしまいます。

難易度が高いからこそ、月に数百万円もの収入になるのでしょう。

 

仕事が辛すぎるなら転職すべき

pawahara-morahara-bad-f

私の場合、緊急度はMAXではないため、副業で収入源を作ってから、会社を辞めるという計画。

しかし、すでに精神的・肉体的に辛いならば、すぐに転職をすべきだと、私は考えます。

 

副業で収入を得るためには、多くの時間と労力が必要。

そもそも、副業なんてやってる場合では無いかもしれません。

 

「明日にも、会社なんて辞めてやりたい」と私も思うことがあります。

そんなとき、ネットで求人を探してみるだけでも、心が楽になることがあります。

選択肢の存在を知ることは、精神的にもメリットだらけ。綱渡りの一本道だけよりも、色んな道が見えてる方が安心できますよね。

 

「転職サイト・転職エージェント」という存在を知っていますか?

正直言うとわたしは転職エージェントのことを何も知りませんでした。

会社を辞めたくなってネットで色々調べたとき、はじめて詳しく知ったのです。

 

転職サイトも転職エージェントも、もちろん万能ではなく、使い方次第です。自分自身で研究してみることをおススメします。

<関連記事>【おすすめ】第一志望に受かった私が利用したい転職サイトと転職エージェント

 

まとめ

会社にしがみつく自分に責任があるのは分かるけど、現実的に考えて、すぐ辞めることは難しい。という人がほとんどだと思います。

そこで、数年は現状に我慢できる人には副業をおススメします。個人的に書くことが好きなので、副業の中でもブログを特におススメさせていただきました。

精神面・身体面の健康を考えたとき、今すぐにも環境を変えないとシンドい人には、転職について研究してみることをおススメしました。選択肢の存在を知るだけでも、状況は変わる場合があります。

 

なんだかんだ言ってきましたが、わたしはパワハラ・モラハラする人間が大嫌いです。はっきり言って許すことができないほど嫌いです。

そういう人間のせいで、大事なことを諦めてしまった人たちを数人見てきました。友人や親せきにも、パワハラ・モラハラ人間によって潰れてしまった人がいます。

そういう人がひとりでも減ってほしいし、自分自身も気を付けたい。

 

どうか、あなたの人生が良い方に行くことを願っております。

  • この記事を書いた人

RAKKO

経済的自由を目指す30代会社員

-会社員の悩み

Copyright© RAKKO ROOM , 2021 All Rights Reserved.