SEO

【SEOキーワード選定のコツ】3つの手順を解説【初心者向け】

SEOキーワード選定のコツ

・記事タイトルを決められない。
・キーワード選定方法がイマイチ分からない。

これらの悩みを解決します。

 

記事の内容

  • キーワード選定の重要性
  • キーワード選定の手順
  • キーワード選定のコツ

このページを読むことによって、記事を効率よく書き始められるようになります。

 

スポンサーリンク

キーワード選定の重要なコツ

キーワード選定のコツ

「いちご牛乳のおいしさ」を知ってもらいたい!

そう思い、頑張って記事を書いたとします。

 

しかし、記事には「いちご牛乳」という言葉はひとつも無く、「ピンクの飲み物」とだけ書かれていたら・・・

残念ながら「いちご牛乳」で検索しても検索結果に表示されません...

 

上位表示するには、「適切な言葉」「適切な場所」に入れる必要があります。

 

キーワードは見出しに入れる

キーワードはh1、h2などの見出しタグに入れる。

※h1は記事タイトル限定にすることを推奨

 

Googleも見出しタグにあるワードを重要視します。

もちろん読者にとっても、本文より目立つ見出しは重要な要素ですね。

 

ロングテールキーワードを狙う

ロングテールキーワードとは複数の単語を組み合わせたものです。

例えば

「温泉 箱根 おすすめ」

「漫画 おすすめ ジャンプ ギャグ」

 

複数のワードを組み合わせた方が、検索上位に表示される難易度は下がります。

「温泉」よりかは「温泉 箱根 おすすめ」のほうが上位表示されやすいですね。

 

ビッグキーワードで上位表示は至難

 

ビッグキーワード:検索回数が多いキーワード

スモールキーワード:検索回数が少ないキーワード

ミドルキーワード:検索回数がビッグキーワードとスモールキーワードの中間

※回数に具体的な定義はないです。

 

ビッグキーワード単体で上位表示させることは至難の業です。ロングテールキーワードを狙いましょう。

 

簡単だからといって、訪問者が少ないというわけではありません。

活躍されている個人ブロガーのみなさんも、基本的にロングテールキーワードを狙っているのです。

 

ロングテールキーワードには、検索意図に合った記事を書きやすいというメリットもあります。

1:「鬼滅の刃」

2:「鬼滅の刃 最新刊」

「鬼滅の刃 最新刊」で検索した人は、「鬼滅の刃」で検索した人よりも、コミックを買う可能性はかなり高くなると考えられます。

「鬼滅の刃」で検索したユーザーは、アニメやグッズの情報を知りたい場合も多く、検索意図を特定しづらい。

 

コンバ―ション率を高めるためにも、ロングテールを狙うことは必須です。

 

1ページ1キーワード

SEOを勉強していると「1ページ1キーワード」というフレーズを目にすることは多いです。

ここでいう1キーワードとは1ワードという意味だけでなく、ロングテールなどの複数ワードも含まれます。

1キーワード=1つの検索パターンということですね。

1キーワードの例

・「温泉」

・「温泉 関東」

・「温泉 関西 おすすめ」

なぜ1ページキーワードは良くないの?

例えば「温泉 関東」で検索したユーザーにとって、関西の温泉の情報は、ほぼ必要ないはずです(その瞬間は)

検索意図をよく考えることが大事なのですね。

 

キーワード選定3つの手順

キーワード選定3つの手順

簡単にまとめると手順は3つです。

1:狙うキーワードに関連するキーワードを調査

2:キーワードの検索ボリュームを把握

3:適度な検索ボリュームで、競合性が低いキーワードを選定

 

それではステップごとに解説しますね。

 

ステップ1:関連キーワードを調査

無料の関連キーワード取得ツール「Related Keywords」を使います。

自分の感覚だけでは勘違いや思い込みが絶対あるため、ツールを使って実際にどんな言葉で検索されているのかを確認します。

 

狙うキーワードを入力し、「取得開始」をクリック。

関連キーワード取得ツールの使い方

 

「全キーワードリスト」をすべて選択したあとコピーします。

関連キーワード取得ツールの全キーワードリスト

 

ショートカットキーを使おう!

Windows:「Ctrl + A」で全選択し「Ctrl + C」でコピー

MAC:「command + A」で全選択し「command + C」でコピー

 

ステップ2:検索ボリュームを把握

Googleが提供している無料のツール「キーワードプランナー」で検索ボリュームを調べます。

検索ボリュームとは検索される回数のことです。

 

キーワードプランナーにアクセスし「検索のボリュームと~」をクリック。

キーワードプランナー使い方

 

[ステップ1]でコピーしたキーワードをペースト(貼り付け)し、「開始する」をクリック。

関連キーワードをペースト

 

「過去の指標」をクリックし、月間ボリュームや競合性などの数値を表示します。

「月間平均検索ボリューム」をクリックすると、少ない順・多い順に並び替えも可能

月間ボリューム

 

初心者におすすめな検索ボリュームは10~1000と言われています。

 

ステップ3:競合性が低いキーワードを選定

選定したキーワードを検索エンジンで実際に検索してみましょう。

 

1ページ目に表示された記事を視察してみます。 可能ならば2ページ目も調査してみてください。

 

企業サイトの記事で占領されている場合、上位表示はおそらく難しいです。

別のキーワードにすることをおすすめします。

 

よし!このキーワードでてっぺんとったるで!

このくらいの意気込みを持てたら、選んだキーワードで素敵な記事を書いてみましょう!

 

キーワード選定のコツまとめ

キーワード選定のコツまとめ

・キーワードは見出しに入れる

・ロングテールキーワードを狙う

・1ページ1キーワード

・関連キーワードはツールで調査

・競合性が低いキーワードを狙う

 

キーワード選定はとても重要ですが、考えすぎても前に進めなくなってしまいます。

ある程度自信を持ってキーワードを選べたら、勇気をもって記事を書き始めることが大事です。

最後まで読んでくれてありがとう!RAKKO(@RAKKO_twr)でした!

目次へ

-SEO

Copyright© RAKKO ROOM , 2020 All Rights Reserved.